ユウキ・コバの雑学と十信論

アクセスカウンタ

zoom RSS ある国の不法性と不法行為

<<   作成日時 : 2016/08/07 05:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界から警戒される行為を繰り返すチャイナには、困ったもんだ。
華乃国は国連に加盟しているが、元々は独・伊・日の3ヵ国の枢軸国に敵対する為の英・仏・米・露・中華民国などが有志連合国を創り、W2で勝利後に創ったのが戦勝国連合《国際連合》である。終戦時には、チャイナ《PRC》は馬賊(現在的に言うならばテロリスト集団)であった訳です。国連の目的であるアーリア人種に利する政治・経済・軍事等の枠組みが創られている。
しかし、チャイナは仕切る常任理事国の該当国で無かったけれど、何時まにか中華民国を押し退けて常任理事国に割り込んだ不正を行い。
あり得ない歴史捏造で周辺国の領海や領土奪おうとしている好戦的な国家である。
それは、清国や中華民国に反旗を揺るがした馬賊であった者たちが2国の歴史や文献を継承出来る訳はないので、級が南シナ海や東シナ海で様々な行為は不法行為を行っているのである。
なお、支那海は欧米人が便宜的につけた海名であり、歴代の王朝は、この海域はケガイの国が住む海域や領地と言っていたので、国際仲裁裁判所は正しい判定をしています。
そして、チャイナは国際仲裁裁判所の判定を受け付けないと詭弁している。これは可笑しな言い種で、支那が加盟している国連に加盟しながら、欧米が主導している国連ルールを無視し加盟国に喧嘩を売っているのである。
それならば、チャイナは国連を脱退すれば良いけど、その勇気もない。なぜならば、世界と喧嘩を売る気概ないはずだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ある国の不法性と不法行為 ユウキ・コバの雑学と十信論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる