ユウキ・コバの雑学と十信論

アクセスカウンタ

zoom RSS お盆のアレコレ

<<   作成日時 : 2017/08/15 19:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

皆様、こんばんは!
お盆休みの夕方、いかがお過ごしでしょうか?

私は、相変わらずテレビ番組のモニタニング中です。

 さて、最近の北Koreaと米国の威嚇報道合戦が熱を帯びていますが、
この騒動で存在感が感じられない中●人民▲和国(以降は中華または華の邦と表記します)は、7月に入ってブータン国境のドクラム高原付近でインド軍と中華軍が睨み合った状態が続いている中で情報合戦加熱していると8月11日のヤフー!ニュースが報道していました。
 睨みあっている原因は、華の邦がブータン国領地で一方的に道路工事を進めた事にブータンの守護者として自認しているインドを刺激した結果の事件です。

 この様な状況下の北Koreaと華の邦には、各国から警戒され経済活動縮小を余儀なくされている。その原因を他国に責任転嫁している困ったジャイアン国とスネ夫国ですね!!


注1 ここ10年間でブータン国の国土面積が20%減少し、中国の領土はブータン領土分の20%を掠め取っている侵略国家です。

注2 インドはカースト身分制は存在していて、その頂点にはバラモン教の子孫であるアーリア人種が他の民族を支配していた。
 バラモン教が衰退した後のヒンズー教が多数派になっても、カースト制度は現存していて、アーリヤ人が支配者として多民族を支配している。
 そのため、多民族国家で幾つもの宗教が乱立していて、カースト制度がある
古代国家のような有り様なので、人心乱れて治安は改善できないのです。


 今日の本題であるお盆についてお話したいと思います。
お盆は、インドの盂蘭盆(うらぼんえ)の行事が日本に伝わったものです。

 その謂れは、お釈迦様には舎利子と目蓮の2大弟子がいました。
ある時に目蓮は神通力を使って亡くなった母親があの世の過ごす姿を見た
処、あの世の拷鬼達から業火の鞭で責められていた。
その事で思い悩んでいた姿を観ていて、目蓮が何時の様な聡明な目蓮でないと事に気づいてお釈迦様は本人に訳を尋ねた。

 その訳を知ったお釈迦様は母親を救う方法を目蓮に授けるのです。
一つは神の一部分の構成物である食べ物を有り難さに気づいて感謝する行法を教えた。
二つ目は、苦悩している亡者たちにお供えを捧げながら、お供え物に感謝を捧げる行を見せて亡者達の懺悔の念を呼び起こす教えを目蓮に授けた。

その行法が中央アジアを経て日本に伝わったのです。
ちょっと内容が違うかも・・・・・

注3 盂蘭盆(うらぼんえ)はサンクスリット語のウランバーナの音訳(漢字の当て字)で新暦の7月15日や旧暦の7月15日に死者の苦悩を払う行事です。 

 今日は、72年前に亡くなった310万人以上の御霊の慰霊の日
です。神様、御霊の皆様に慈しみの光で包んで戴きたいと願っております。
 
 何時も、訪問頂き元気玉をくださる皆様に感謝を申し上げます。
明日も良き日で有ります様に願っています。





ブータンに魅せられて (岩波新書)
岩波書店
今枝 由郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブータンに魅せられて (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

未来国家ブータン (集英社文庫)
集英社
高野 秀行

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 未来国家ブータン (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
玄関先で送り火をしながら花火を一部分と楽しみながらご先祖様に送りました。
ユウキ・コバ
2017/08/15 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
お盆のアレコレ ユウキ・コバの雑学と十信論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる