ユウキ・コバの雑学と十信論

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きてゆくには、其々の法(のり)。

<<   作成日時 : 2018/06/24 21:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 1

 皆様、今晩は(*´−`*)ノ
各地で真夏日になったと言うニュースが聞かれる今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか?
 近くの里山では蛍の乱舞して梅雨の合間で心踊るニュースを聞くと行って見たい気持ちになります。

 さて今日の話題は、「生きてゆくには」の続きとして「多神教と一神との邂逅」=副題 日本の精神文化とキリスト教という本を参考に「生きてゆくには、其々の法」を書いてみたいと思います。

 一神教は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教が有ります。
一方では、多神教にはヒンズー教・仏教・儒教・神道が有ります。
この記事は、ユダヤ教・キリスト教・仏教・神道を比べて解説していく予定です。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教は、一神教で善神と悪神が存在している2原論で、3つの宗教では旧約聖書は共通の聖典ですが、ユダヤ教は旧約聖書とタムロードが宗教的指針の聖典です。キリスト教は旧約聖書と新約聖書が宗教的指針を大切にしている。イスラム教では旧約聖書とイスラム法典を信じています。
そして、主に善神と契約している人が其々の教徒となります。
次は、3つの宗教を詳しく解説したいと思います。


ユダヤ人とユダヤ教
 彼らユダヤ人は3800年前頃にメソポタミアから地中海東岸沿いに定住し始めた。自らヘブライ人と呼称していて「ユーフラテス川の向こう側から、やって来た人々」という意味です。
その後はエジプトで最下層の生活する。モーゼと共に中東地域に戻る。3020年前に古代イスラエル建国。2944年前頃にはイスラエル北王国とユダ王国に分裂。2740年前にイスラエル北王国滅亡、2554年前にユダ王国滅亡する。
1800年代の終わり頃、西洋諸国で啓蒙思想が興きている時にシオニズム運動が起きた。1920年からパレスチナ地域へ移住がはじまる。
1948年に欧米の支援によりユダヤ人のイスラエルが建国される。
 ユダヤ教は、近隣諸国からの絶え間なく干渉されていたがローマ軍に神殿を破壊された時期に律法研究中心のラビ・ユダヤ教が誕生する。
キリスト教に対抗して旧約聖書を基にユダヤ教のヘブライ聖書が作られ、モーゼ五書と口伝の解説書を基に1000年前にはフランスの律法学者ラシの註釈とラシの子孫の註釈が入ったタムロードが作られた。(4世紀のエルサレム版と5世紀のバビロニア版に註釈入ったタムロードがある)
 モーゼの十戒について、
1 私はあなたがたの神である。私以外のものを神としてはならない。
2 像をつくって それを拝んではならない。
3 神の名前をみだりに口にしてはならない。
4 6日働いたら7日目は祈りのために休め。
5 父と母を敬え「先祖を敬え」。 6 殺してはならない。 7 姦淫をしてはならない。 8 盗んではならない。
9 嘘の証言をしてはならない。 10 隣人の家をむさぼってならない。
 神はヤーウェ(エホバ)唯一神。 聖典はヘブライ聖書とタムロード。政教一致を原則としている。 救世主は終末に司祭アロンの救世主とダビデの様な王としての救世主が現れると預言されている。
聖職者はラビと呼ばれる。礼拝場所はシナゴークです。断食修行はある。聖地はエルサレムの第2神殿跡の嘆きの壁。
 7日目の安息日で許される行為は、医療行為。控え目な歌や踊り。割礼。裁判や戦争。豚肉は禁止されている。断食はある。
 因みに旧ローマでは市内の人口比はローマ市民1人に対して奴隷=しもべ5人という人口比率であった。
 ユダヤ教でも、人は神の僕(しもべ)であり、ヘブライ人は他の民族と戦争して捕虜を僕(しもべ)にすることが出来るという教えも有った。
 神に選ばれた者として選民意識が高い。現在のユダヤ教徒は世界で1800万人いる。
 牛の藩祭をしない祭壇(あかし)を造ったイスラエルの10氏族は、ユダヤ人が世界で探索中の様です。


キリスト教
 聖書は旧約聖書と新約聖書構成されている。
 旧約聖書は天地創造の6日間で全てが創造されて最後の人間が創られた後、7日目に神は創造を休まれた。アダムとイブ。ノアの箱船。バベルの塔。モーゼの十戒などの出来事を記されている。
歴史、律法、予言などで構成されている。
 新約聖書は、イエスキリストの死後(復活して天に戻った)に弟子達で編纂された。
イエスの贖罪からはじまった神との新しい契約が「新約聖書」で、成立するのに200年かけて397年に成立。
イエスの奇跡 
 5つのパンと2匹の魚で5000人の人が満腹となった。イエスの服に触った病人が癒される。足なえや目が見えない人々を治す。悪霊を追い払う。海の上を歩いた。ローマのピサト総督時代に捕らえられ2人の犯罪者と共に処刑され3日後に復活するなどの奇跡が有名。
 宗派は西ローマ時代から続いているカトリック教会、東ローマ時代だからの東方正教会、宗教改革から始まったプロテスタント教会が存在している。
 神の愛をイエスキリストは説いて12弟子達が彼の御言葉を伝道した。
最後の審判ではキリスト教徒がイエスキリストを迎えて救われる。
唯一神。聖霊。救い主イエスキリストの3位一体という教えは、絶対神は「父なる神」とイエスキリストが「子なる神」や世界での神の力の現れ(鳩で表せたり白く輝く雲で表せることや天使)としての「聖霊」が存在している。この3つの神格は一体となしている教義がある。
なお、一部の宗派では重要視していない処もある。
 聖地はエルサレムのゴルゴダの丘と墓所の洞窟。ベツレヘムの聖誕地。
 愛とは、父なる神は善良なる者を愛して善良なる者は自己と同様に他を愛すること。神の国(天国)は貴方がたの心の内に有る。神の神殿は大地であり、貴方の身体も神殿である。イエスキリストの言葉に気付く時には、其々が神の子と自覚すれば良いと思います。


イスラム教
 アラブ地域では部族間の闘争が続いている時代にムハンマド(マホメット)は570年頃にメッカで生まれた。6才で孤児となり、親族に25才まで養育される。25才で40才の富豪未亡人と結婚して商売の才覚を見出だす。
 自分の男の子供が相次いで亡くなり、ヒラー山で度々瞑想をしていた。40才の時に天使ガブリエルより啓示を受ける。
其の啓示は「アッラーこそ唯一神であり、ムハンマドは預言者である。審判の日は近い、神の教えを広め人々を救え」というものでした。
 622年にメッカからメディナに移り住んで布教を始めて共同体組織(ウンマ)で生活する。その際、ユダヤ教徒を追い出す。其の622年がイスラム元年となる。
 メッカ奪還の翌年、631年(イスラム歴10年)に天へ召される。その後はムハンマドの代理人としてカリフを選ばれ、1代目からムハンマドの友人のオスマーンが3代目のカリフ選任までは順調に争いがなく推移していた。
4代目以降は、スンニー派のウマイヤ王朝(オスマーンの系統)カリフとアリ(ムハンマド従兄弟で娘婿)の系統をカリフを認めるシーク派との主権の争いが発生する。
 領土が最大の時代は、661年(イスラム歴40年)から750年のウマイヤ王朝と750年から1258年(イスラム歴637年)のアッパス王朝の時が最大であった。
王朝の衰退の原因は、反政府運動や蒙古軍の侵略とキリスト教徒の十字軍の進撃で衰退した。
 中東の現在の混迷は、2つの宗派の歩み寄りがない中での主権争いとキリスト教の西洋諸国との軋轢で引き起こされている。
 現在のイスラム教徒は全世界の57カ国で信仰する人が居て、85%がスンニー派で残り15%はシーク派です。
信仰形態は、唯一神アッラーを崇める。行動の源はイスラム法典(シャリーア法)。聖典はコーラン。政教一致が原則としている。豚肉や酒は禁止されている。
 イスラムの祈りの言葉の一部は「アラーはまことにかしこ われ明らかに言う アラーの他に神はいまさず。 われ明らかにいう、ムハンマドはアラーの使徒なり。 いのりに来まさ 幸せに来ませ。 アラーはいとかしこし アラーの他に神はいまさず。」紹介しました。
 信仰と奉仕について、信仰6箇条と5つの奉仕義務があります。
 6つの信仰は、神を信じ、4大天使の存在を信じる。聖典であるコーラン信じ、28人の預言者の言葉以上にマホメットの御言葉を信じる。最後の審判で正しき信仰者は、天国で平安に暮らせる事を信じて生きる。3世は天命ですでに決まっていると信じて善を成す事を理解して生きる。
 5つの奉仕義務は、信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼を実践して生きる事がイスラム教徒の義務です。
 他教徒との交流が穏便になる事が課題と言えます。

 ユダヤ教とキリスト教並びにイスラム教の共通点と相違点
共通点は、唯一神、旧約聖書、最後の審判、神と信者の関連は父なる神と僕の信者などがある。
相違点は、生活面の規定では其々の聖典であるモーゼの十戒やキリスト教徒の口伝、シャリーア法がある。税金や利子についてはユダヤ教とキリスト教は税金や利子は旧約聖書の律法による税金や利子の徴収は適法である。
一方のイスラム教ではウンマ共同体に喜捨したお金は運用して利益が出た場合、其の本人に還元したり資材が必要とした人に投資する助け合いの互助精神がある。

  他の宗教との違いと軋轢
一神教側から見た多神教は神の名が違うので、違教徒は神の名を汚す滅ぼす対象であり搾取する僕としても良いと考える為に時として残虐な行為を行いがちでした。
他神教から見る視点がないので無理も無いか知れないが、多神教徒は堪ったものでないですね。
例えば1万6千年前から4千年前までの期間の人類は地獄に要るのか?という質問には答えられないと思います。


 神を自己の所有物と見ないで他と共生する時代の訪れは
現在は環境が激変中で、海洋の植物の減少(植物プランクトン・昆布・ワカメ・ホンダワラ等の海藻)や海洋生物の減少(植物プランクトンの減少で動物プランクトンが減少・動物プランクトンの減少が魚や海洋動物の減少)を引き起こしていたり、海洋内への分解しにくい微細プラスチック片が動物プランクトンへの悪影響が出ている。
 また、海水の温度が高くなっている時に異常気象が頻発している時代だからこそ、神の名は其々の民族で呼び名が違うという事を理解して地球環境に優しい生き方が必要と思います。

次は多神教について書いてみようかなと思います。


 最後まで纏まりの無い話を見ていただき、感謝を申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
イスラム教徒の比率は、正しいのは85%と15%が正しいのです。
帰宅後に本文を訂正する予定です。
ユウキ・コバ
2018/07/08 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
生きてゆくには、其々の法(のり)。 ユウキ・コバの雑学と十信論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる