名護市の市長選挙は、残念な結果

2014年1月19日に名護市で市長選挙の投票が行なわれ、辺野古沖埋め立て反対派である稲嶺氏(中国系日本人)が約19000票を得票して当選した。
なぜ、末松氏より5000票多くなったか考えると表立って選挙運動してない政党の票に影響されたと思われる。
その政党や稲嶺氏を応援した政党は、ア漢国やバカン国サイドに立った政党であろう。
他国に迷惑をかけているア漢国(チャイナ)は、1995年の中・豪軍事関係者会議にて20年後(30年後?)に日本という国は無くなっているとア漢国軍人はオーストラリア軍指令官に豪語していた。また、近年にはア漢国は沖縄も古来よりア漢国の領土だと新聞に研究論文を掲載している。そんなア漢国に擦り寄るコバンザメ政党の存在自体が日本に悪影響を与えている。
又、危険な考えで持つア漢国は、チベット・モンゴル・ウイグル自治区で旧来より住んでいた民族を暴力や軍事力で虐殺を繰り返している。そんなア漢国に擦り寄る共産・社民・民主とコバンザメ政党は日本人の為の政治をしているとは言えない。
特アの2国を嫌っている日本人がドンドン増えている状況を野党や親ア漢国(チャイナ)友好議員とバ韓国(南コリア)友好議員達は理解していないようだ!これからは、選挙の度に与党のコバンザメ政党と野党3党は得票数が激減するはずだ!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック