暮らしのアレコレ オセとは大人

こんばんは。何時もご訪問や元気玉、並びにコメント有り難う御座います。 

きょうは、昼間が曇りがちで朝夕ともに寒かったですね。
今日の話題は、節分の夜の食事と方言についてです。


 2月3日(日)は節分で豆まきしたり、恵方巻きの巻き寿司を食した人が多いと思います。
我が家では、朝には神棚に水を供えて蝋燭を燭台刺して灯を灯してから豆を供えて祝詞と柏手して家を出た。仕事から帰って豆まきをする。
夕食は巻き寿司と焼き牡蠣です。酒は「鬼ころし」で熱燗にして晩酌でした。

画像

写真は巻き寿司(半分にして残りは晩酌後に食べた。)と焼き牡蠣


大人↔オセ(ヲセ)
 独身者はなんて言うかなと同僚が聞いてきたので、直ぐには思いつかなった。
「一人者」・・・・・「チョンガー」と答えた。
 同僚は、「そうそう、チョンガー」だ思い出した。ありがとう。
其れから、暫く地域によって違う方言について話し合った。
私から同僚に子供が大きなって大人になったと感じたときに言う言葉について聞いた。
 同僚は、暫く考えていたけれど思い付かなかったので、私から「オセになったね」と言ったと思う。
同僚は、自分の地域も「オセ」と言うよ。
成る程、年齢が高い人は知っているのだとと安心した。
なお、一人者という言葉は子供の時にはあまり聞き覚えはないが映画やテレビから流行ったと思います。
そうそう、「親の脛かじり」を今思い出しました。

※なお、オセ(ヲセ)はホツマツタエの綾(あや、意味はページ)に記されています。
天の道
https://s.webry.info/sp/13626800mirok.at.webry.info/201809/article_5.html

皆様にとって、明日も良い日で有ります様に・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年02月04日 10:10
こんにちは。

節分でしたね。
豆まきはしましたか~。
うちは豆まきもして恵方巻きもイワシも食べました。
独身の人のこと、チョンガーっていいますね。
でもかなり昭和な感じですね。
今でも言うのかな?
なんでチョンガーなんでしょうか。
2019年02月04日 10:57
こんにちは。
昨日は節分で恵方巻を食べました。子供の頃はこの様な風習は無かったですね。節分と言えば豆まきでした。朝には神棚に水と蝋燭の灯を灯して祝詞を唱えるのは素晴らしい習慣です。『天の道』の投稿記事を再度に拝読しました。弥勒菩薩の世が早く来ることを願いますね。
2019年02月04日 21:50
トトパパ様、こんばんは。
コメント有り難う御座います。

節分の日に鰯は欠かせない1品ですね。
今年は鰯はなかった。
ざんねんです。

チョンガーという言葉は、クレージキャツやテレビでチョンガーという言葉劇中で使っていたので、巷で流行る始めたと思います。
2019年02月04日 22:38
華の熟年様、こんばんは。
コメント有り難う御座います。

 何時から恵方の方角に向いて食べるのが善いといった宣伝は20年前から始まった?と思います。

節分の日は、お務めしてから1日は始まる。当たり前の事が出来る有りがたいと思っています。

 其より、恵方の方角で日の行と水の行をする方がより幸運を得られるのです。

 天(あめ)の道を再読していただき有り難う御座います。
弥勒の世をつくるのは、多くの人が目覚めた時に弥勒菩薩は来てくれると思います。
2019年02月07日 00:38
追記
一説によると仏教では釈迦の次の覚者として弥勒菩薩が現れるそうです。

 弥勒菩薩は全ての人々の心に慈しみの心を目覚めさせる教えを伝えに生まれると思います。
そう思うだけでも楽しみ。

弥勒菩薩とは関連が薄いですが慈しみと慶びについての仮説のリンクを張っていますので、宜しかったら観てください。
https://s.webry.info/sp/13626800mirok.at.webry.info/201612/article_1.htm

この記事へのトラックバック