1ヶ月27日 令和とは 生きるには

皆様、こんばんは。
令和元年に成ってからは早くも1月と27日を経過しました。
皆様は、如何お過ごしていましたか?

画像


 私は慌ただしく日々を過ごしていました。
今日の話題は、1ヶ月と27日。令和とは。生きるには。の3点を載せていきます。


 1ヶ月と27日の間に私は浴室改装中であったのでスーパー銭湯は1週間通い、娘の結婚式に出席。伯母の葬儀に参列。一周忌に呼ばれて参列するなど忙しい日々を過ごしていたり、その他には困っている人の相談にのっていました。


 最初に令和と言う年号を違和感に覚えた事。
 令の発音はレイとリョウの2つがある。意味として、一つは法律。ニつ目は公文の一種でふれぶみ。命令文。三は地方の役人や役職、例文法の一例として「県令、令史」がある。四は令(ヨ)い=善い。五は他人の血族の敬称等があります。
 和の発音はワがあり、ヤワらぐの2つ。意味としては、一つはやわらぐ(仲よく。柔かになる。静かになる。穏やかになる。逆らわない)。二つ目には、やわらげる。三はナゴやか(穏やか。のどか。)。四はヤマト、日本の事。その他には、一致、混ぜる。調える。応ずる等があります。
 令和に違和感を覚えたのは、令は通常の使用例としては命令や他人の血族を呼称するときに使い、和の使用例では和やかと日本の物(や者)等を使いますので、令和という元号の意味合いに美しい日本や善い日本は日本人的にはしっくり合います。一方で他国人的から見ると違う意味合いとなるのです。例えるならば、令=命令と指図であり、和=逆らうな、応じろ日本などなどと解釈する事が出来ます。
 遠い昔から、魏史倭人伝に当時の日本列島には百の国が入り乱れて争乱があったと倭の国の事を紹介している。その小柄の使者は「吾(ワ)が国はヤマトの国」と自己紹介すると魏国は小さい人と謂う字を当てて倭人と呼ぶようになり、その国を邪馬台国という差別的な漢字を当ている。その後、魏国から金印を与えられたが、彫っている字には倭と謂う字が刻まれていたので海中に投棄されたようです。この様に過去も現在同様に大陸人は日本を馬鹿にしていた。
 そして、元号を決める委員会の一員に大陸人が居るので、令和とは「外国人移民を多量に入れて命じられた事に日本人は逆らわず応じなさい。」と意味合いになりかねない。
 さてさて、どうなるか先が思いやられる。


 3点目は、いつも生きづらいと感じている人からの相談に乗った時の話です。
 何時も人からの慰めの言葉を欲しがる高齢の婦人は、過去の出来事に拘って不平不満や怒りを家族や親族に投げ掛けている。此れは負の連鎖を造り出していると忠告をしても止められそうにない。
 様々な出来事を経験する時に夜叉や迫害者のように見えるが、実は自己を高めてくれる有り難い存在と考え方を切り替えて感謝する気持ちになりなさいと諭すが、同情的な言葉のみ受け取る。過ぎ去った事は忘れて前向きに生きなさいと諭す。彼女の脳内では過去の出来事を保存するシナプスが一般人より発達しているようだ。
 所謂、佛と蜘蛛の糸の逸話のように救いの言葉を信じない亡者は、結局のところ地獄から脱出できない様に、私の忠告は彼女にとって「馬の耳に念仏」のようなものである。彼女は人の進言を消費する存在であり、愛の消費者であり、愛の生産者でないので他人から受け入れられる事が少ないのです。
 通り過ぎた事象に反省し、今の瞬間を生きぬかないから現世を煉獄と思い煩うのです。
 神(または佛)の慈しみの愛の光に気付きますように願うばかりです。


とりとめの無い話題にお付きあい頂き有り難う御座います。

台風が接近中です。大過ない事を祈っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月27日 13:39
こんにちは

令和になってもう2ヶ月ですか。
まだ2ヶ月って感じがします。
もうすっかり慣れました。
生きづらいと感じるかなぁ。
そう言う時もあるし、生きてて楽しいと思うことありますね
2019年06月27日 21:24
トトパパ様、コメントありがとうございます。
令和に成ってから早くも2ヶ月近く経ちます。
そうなのです。楽天的な考えの方が精神衛生上善いと思います。

この記事へのトラックバック