平和に向かっている?

皆様、今晩は。
何時も御訪問やコメント並びの元気玉を戴き感謝します。

 今年もあっという間に11ヶ月も過ぎ、山の木々の葉は茶色に変わり12月中旬となって年賀状を出す時期になりました。私は準備が整って投函をするだけになりました。
 元旦には姪や知人にメールで年賀の挨拶を送る予定です。
 さて、11月から様々な出来事がありました。11月15日、令和天皇は大じょう祭では、新天皇として悠紀殿で天津神(あまつかみ)の神々にご新米を献上し、主基殿においては地津神(くにつかみ)の神々に新米を献上する儀式を終え、天と地の恵みに感謝と諸人の弥栄(いやさか)をお祈りしました。
 また、その後の幾多のご公務を無事済まされて、両陛下は健やかにお過ごしの事と慶んでおります。
 其につけても、令和天皇の御言葉とは相反する世界の情勢と国内の不協和音については、何とか良い方向に展開出来ないかとヤキモキしています。
 フェイクニュース? 11月21日に南シナ海の海面下50メートルでTNT火薬換算20メガトンの爆発(中国の核ミサイル行使、何処かの原潜が事故?)をロシアの報道機関が発表。
 11月22日から始まった日本列島の地震活発化は12月現在も各地で発生している。
 24日に来日したローマ教皇、永崎・広島・東京で訪問やミサを行ったが、トンチンカンな言動として「核兵器は人類の驚異で、平和の妨げになっている。」と発言した。
其れを言うなら信者である西洋の首脳陣に「核兵器を廃棄しないならば破門する。」と言えないのか? 
そう思うのは私だけかも知れない。
 9月に国連で環境についてスウェーデンの16才の演説していたグレタ・トウンーベリさんは、主要各国の環境大臣がcop25で集まって所でもco2削減行動を起こしてほしいと演説していた。
何だろう?、具体策を提言しない。化学肥料や遺伝子操作の農産物の影響で昆虫の減少に伴い植物へのダメージよる農地の砂漠化と地下水源の埋蔵量の減少などで地中の水分量減少で夏季の火災発生率が上がっている事について説明しない。
また、co2削減行動をしない中国やアメリカへの非難が全くない。その他には各国の軍隊が消費してる事について削減行動を提言しない。
協賛者には、銀行関係と原子力関係の企業や中国との関係が深い環境団体もいるようです。
一方で国連発足を担った国々よる軍事行動で、被害を受けた地域では産業崩壊と農地喪失で難民は増え続けて、支配者の理論がまかり通っている。
これが現実、世界の平和は当分は訪れそうにない。
 そこで、平和へ向けての心構えを書き、其れを基にして諸事情について考察してみます。
 平和を目指す者に必要な事。
平和を目指す者にとって必要な事柄は、まず自分の心に安らぎがあり、平安である事が必要です。
 次に廻り人と協調が出来、安らぎを与えているかという事です。
 他の人に迷惑をかけず、言葉の暴言を使わず、他の人の悪口を言ってる国や人にちかづかない。暴言を使わせない事も重要です。【 (平和は、天と地の架け橋の人が創る) の記事を転記】
KIMG0055.JPG
 今の社会の不都合な真実から目を逸らさないで、転換方法への切り替えとして考えてみた。
兵器を背景とした支配から共に生きる方法論。
1、核兵器と生物兵器や化学兵器等の全廃する。
2、軍事産業を殖産産業に転換。
3、経済の平準化を段階的に進める為に、先進国が化石燃料発電の高発電効率化や自然エネルギーの活用と自国経済の自主独立。発展途上国への産業の育成して途上国の自立経済に寄与する。
4、石油消費文明から循環可能な文明へ段階的に転換する。(オーガニック=植物由来のプラスチックと紙の再利用など)
5、乾燥地域での海水の真水プラントを使って、アフリカ・中近東・南米・オーストラリアで植林など治水事業による緑化と農地創出が仕事の創出で該当の国の発展に寄与し、隣接国へのイサカイを無くす。
6、各自が宗教の違いを越えて共生する方法論を目指す習慣を作ること。
 以上、上記の事柄は政治屋や官僚達の目覚めと国民の歩み寄りが良い具合になればと願っています。
(過の2国の実態を知って、逆の方法を書いてみました)

明日も良い日でありますように・・・・・・・・・・・・
KIMG0059.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年12月16日 11:02
こんにちは

もう年賀状、出すだけなんですか。
素晴らしいですね。
私は毎年のことながら、まだなんにもしてません。
年賀状も買ってません。
ローマ法皇が来日した時、うちの兄貴が騒いでました。
なぜかローマ法皇、好きなんですって。
2019年12月16日 14:00
こんにちは。

師走に入り今年も残り2週間となり年賀状を書く時期ですね。新天皇が即位して新しい元号の『令和』となりましたが、国内外の情勢は憂慮すべき事が多いです。COP25で地球温暖化対策について提言が出なかったのは残念だと思います。各国の利害が対立して纏まりませんでした。人類は地球の環境を守り、平和な世界・人権の尊重・自由と平等、を目指して欲しいですね。平和に向かって共に生きる方法論で、6項目の記事は素晴らしいです。
ユウキ・コバ
2019年12月16日 23:36
トトパパ様、今晩は。
おほめのコメント有り難うございます。

年賀状は郵便局で印刷を頼み、相手先を書いて出すだけだったので、3時間ほどで書き終えいます。
次は送る先のリスト作りして、来年の年賀状を受け取った時にリストと照し会わす予定です。

トトパパ様、郵便局の年賀状最終受付日は25日だから、まだ間に合うと思います。
それとも、元旦にメールでも年賀の挨拶文を送る方法も有りますよ。

トトパパ様のお兄様はローマ法皇を尊敬して、笑顔が素敵なローマ法皇だから好感をおぼえるのでしょう。
ユウキ・コバ
2019年12月17日 22:51


華の熟年様、今晩は。
コメント有り難うございます。

2019年も後2週間を残すのみとなりました。我が家では掃除などが山積みです。

令和元年は国内外の情勢は憂慮すべき事が山積で。気象変動や平和な世界・人権の尊重・自由と平等など実現するのは、其々が他に優しい気持ちで接するのが大事なのではと思うようになりました。

なお、皆が心の中では、念願している気持ちを文章化したのが6項目です。
実現できれば良いな・・・
2020年01月20日 06:03
 世界的な環境問題や国際平和と軍事に関しての事は 私等が何を言ってもごまめの歯ぎしりに過ぎませんが 北朝鮮やイランの執拗なまでの核兵器開発は 中国、インド、パキスタンまでが それを何故どの様にして持てる様にまでなれたかを検証すれば 当初は 米ソ超2大国の軍事覇権の要であった特権的優位の為の必須条件であった事から 通常兵器とは掛け離れた破壊能力を有する核兵器を持つ事自体が 国際社会での自国の軍事的地位と国益をならしめる為の最大目標との妄信が生まれたのではないかと思われます

現在の異常気象を地球温暖化とし、さらにその原因を経済産業や生活環境から排出される二酸化炭素の増加と特定する事が誤った学説であるとの指摘と理論的な裏付けも少なくありませんが 日本に於ける台風や水害を始めとする異常現象は 中国の三峡ダム完成と時期を同じくして始まった九州豪雨と その後の台風の異常進路に表れており 当方の掲示板でその関係記事を掲載している通りなのです

16歳の少女が国連で地球温暖化の原因を特定しての演説には 何故 国連という国際舞台で その様な少女が演説できたのか不思議でしたが   

以前 湾岸戦争時に国連で演説した少女のその裏にあった事情が暴露された事がありましたが その演説の内容を信じた国際世論が戦争勃発のきっかけの一つとなった事で、その戦争の結果数多くの犠牲者と損害をだした事は事実です
ユウキ・コバ
2020年01月23日 22:46
kazukun様、コメント有り難うございます。

 世界的な環境問題や国際平和と軍事などに問題意識を持って、ブログやツイッターで意見を発信する事は、グローバル経済の恩恵を感受している富豪や軍事力を背景に紛争地をつくって権力維持する政治家と莫大な利益を得ている軍事産業の資産家にとっては問題意識を持っている人々は煙たい存在と言えます。
だから、諦めないでください。

 現在の潮流は、西洋人の権力や財力を際限なく増やす事が目的で国連は存在しているかもしれません。
もしかしたら米ソの対立は見かけ上は対立していた。どちらも自国第一が優先で優劣を決しがたいので、アメリカの子分のイギリス・フランスに核兵器の技術を供与してソ連は子分の中国に核兵器の技術をを供与した歴史の流れだった。
 その後、ソ連からの技術支援でパキスタンが核兵器保有国になり、インドはインド系アメリカ人の技術者がソ連との次術提携で核兵器保有国になった。
北朝鮮は資金は在日韓国人の財界から支援を受け、技術はソ連からの技術で核兵器保有国になった経緯が有ったと思います。
 kazukun様がおっしゃる通り、米ソ超2大国のように国際社会での自国の軍事的な地位向上と国益を優先したい為の妄信で核保有国が増えたと思います。

現在の異常気象を地球温暖化について、貴方が言っているように二酸化炭素の増加が主要な原因で無いと言う学説があったり、太陽の活動による影響説、緑地の減少や海底の海草の減少による海水温の上昇が原因という説などあるようで何れも温暖化の主要な原因と特定できていない。
近年の日本の台風や水害などは、中国の経済活動の影響を受けていると思います。
中国の大気汚染による大気の温度が高いまま日本に流れてきている事や三峡ダムの水が都市からの汚濁した水が太陽の熱で熱水となって黄海流れると海水温度が上昇が九州豪雨や台風の異常進路に表れている状況が日本の風水害の一因も考えられますね。

 確かに16歳の少女が国連で地球温暖化の原因を特定しての演説できたのか不思議ですね。湾岸戦争時に国連で演説した少女の演説した事と今回のを16才の少女の演説も同じ胡散臭い行動といえますね。
それから、湾岸戦争のように戦争勃発が起こらないことを願うばかりです。

この記事へのトラックバック