テーマ:オリジナル小説

「宇宙を翔ける若者たち第1部第35章 人の生き方」について

「宇宙を翔ける若者たち第1部第35章 人の生き方」について 皆さん、今日は❗ お正月をいかがお過ごしでしょうか? 初詣や初売り会場にお出掛けの事と思います。 私の場合は、元旦に神社へ初詣に出掛けました。自宅から1時間30分をかかったが、神社付近のみが渋滞でしたが概ねスムーズ着くことが出来ました。 神社では、古いお札を返納…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙を翔ける若者たち」の第1部第33章から第37章まで、数箇所の文章を校正しました。

第1部第33章の校正点では、 夜明け前からトコの話まで【夜明け前、鶏の鳴き声でトコは目を覚めると、自分の周りで寝ている男たちや少し離れて寝ていた女達は居なく、リエが残されていた。 トコは「おはようございます。家の人は何処ですか?」・・・中略・・・・・外では、大勢の人の話し声が聞こえてきた。昨日の事が村人に知れ渡り、トコと聞く機会があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙を翔ける若者たち第3部第34章

第3部 第34章 ① 不安定飛行 ・・・・・13号機は応答した。 「パネルメーターの右手下に赤いリセットボタンがあるので、カバーを開いてボタンを押してみろ!」中佐は教えた。 13号機のボイドは声がうわずり「リセットボタンを押してみましたが復帰しません」返事をした。 「もう一度、リセットボタンを押してみろ!」中佐…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

宇宙を翔ける若者たち第3部第33章

第3部 第33章① 未知の星人との邂逅 ブロンズ像の彫刻群が出現したようであった。 その中には動ける者がいて、その者達は純朴そうな人達であった。 その頃、アメカ星アメカ国のレッミー山脈にある地下施設に大統領や重要ポストの閣僚などが集まっていた。 「昨日から、トバル・ゴク連合軍の攻撃されていません。その代わり、西海岸に未…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

宇宙を翔ける若者たち第3部第38章

第3部 宇宙を翔ける若者たち 第38章 光の出現 東の空が少し明るくなって太陽の光が地上を照らし、 建物や瓦礫の陰が細長く伸びていた。 その時、急に動物達が吠え出し、人々は寝起きから起こされ、空襲と思い、建物から外に出た。 上空で太陽のように輝きながら光っている物が 地上に向かってくるのを見つけた。 それはトバル・ゴク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙を翔ける若者たち第3部第32章

小説『宇宙を翔ける若者たち』の少し予告編みたいになりますが、第3部第30章と第38章を順に載せていきます。                                                  第3部 第32章騒乱の内 アメカ星ではゴーグ星との戦闘の合間、多くの建物は瓦礫と化していた。                …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第10章 歴史館長室

小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第10章 歴史館長室①                                                                       ・・・・・どうして起きたか説明してくれないか?」ミレィジはジンーシを問い詰めた。          …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「宇宙を翔ける若者たち」について

「宇宙を翔ける若者たち」について 皆さん、こんばんは!                          この小説【宇宙を翔ける若者たち】は、第1部の預言者と人の子・第2部の惑星移住へ・第3部の宇宙を翔ける若者たち・第4部の観察者・第5部のパラレルワールドに漂着の5部構成でなる小説となる予定です。 現在は携帯で第1部は完結目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第9章

小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第9章 騒然となった歴史館 警報が鳴り響く館内で、オッティー・コバーンやミヤマ・ツヨシ他10数名の学芸員や館員たちは、各ブーツ館付近で見学者の避難誘導の対応に追われていた。 学芸員に案内されているタカミ・マサエは胸騒ぎを覚えていた。「まさか、うちの子が乗って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第8章

小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第8章宇宙シャトル発進 ・・・シャトルには入っていった。 ちょうど資料室と書いた処でルミはジョージと出合う。「私と同じ制服を着た学生を見ました?」とルミは聞くと、 「少し前にアッチの操縦席に行く人達の声がしたので操縦室かも知れません。僕も家族が居ると思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第7章

小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第7章シャトルのカウントダウン やっと追いついた母は「ユウちゃん、どんどん進むと見た気がしないわ、手をつないで一緒に見ようね!」ユウタの手をしっかり握ったマサエであった。 一息ついて、しばらく操縦席を見ていたが腕時計を見ると11時50分になっていた。 その時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第6章

小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第6章 歴史館の見学 ・・・館内放送は終わった。 先生に引率された学生35人のグループはロケット館に入って30分経つ頃、ルミは急にお腹の具合いが悪くなり、トイレに行くことにした。6分探して、やっとトイレを見つけた。 先生は1人いないのを気づかず、実機シャトル館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第5章歴史観に入場

小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第5章 歴史館に入場 やっと10分待って、さえない男から靴を手渡され後、入場識別マーキングをされた3人家族は先生に引率された学生35人のグループと一緒に入場ゲートを通り過ぎた。 人工衛星とロケット館に向かう通路で歩いている時、ユウタは「お母さん、この靴は面白いね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3部宇宙を翔ける若者たち 第2章

久しぶりに小説「宇宙を翔ける若者」の記事をアップします。それでは楽しんでください。 ☆★☆*゜*。*~ 小説【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第2章 講習会① ♪~♪♪~♪玄関のチャイムが鳴った 「ジョージ、リエコ姉さんが迎えに来たよ!」と母親が階段下から呼びかけた。 「分かった、今か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇宙を翔ける若者たちの第3部宇宙を翔ける若者たちを載せます。

渡しが他のプログで載せている。小説【宇宙を翔ける若者たち】第3部を載せます。 【宇宙を翔ける若者たち】  第3部 宇宙を翔ける若者たち 第1章 遊園地でデート① スペースエレベーターで宇宙の遊園地に行き、 3倍重力の体験ブースからフラフラしながら、 ルミとケインは出てきた。2人は急に体重が 軽くなるに戸惑っていたが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小説【宇宙を翔ける若者たち】の第3部の予告

今日は、小説【宇宙を翔ける若者たち】の第3部、宇宙を翔ける若者たちの予告編を発表します。 なお、第1~2部は本編はウィルコムで「サトルの一息しよう」の(宇宙を翔ける若者たち)コミュで配信しています。3部もコミュで配信します。 予告編 小説【宇宙を翔ける若者たち】の第3部 宇宙を翔ける若者たち。 ある事で、宇宙を旅する事になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more