ユウキ・コバの雑学と十信論

アクセスカウンタ

zoom RSS あの世の待ち合いホールのお知らせ

<<   作成日時 : 2017/09/10 21:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

 皆様、今晩は(*´−`*)ノ
日曜日の夕方 いかがお過ごしでしょうか?
全国的には晴れ間が多いと思います。
 地元のショッピング街での外食や買い物に出掛けた人も
多かったと思います。

 さて、今日の投稿記事は『あの世の待ち合いホール』のお知らせです。
実は、実名では当たり障りがあり、このサイトからのブロックされる恐れが考えられます。そこで架空の人物や国名で物語の背景の紹介となります。
 これはあの人、この国はあの国と想像力を働かせてお読みください。


物語の背景

 4000年前に扇の形をした大陸の北東の片隅で生活していた亜ー離亜人は体が大きくなった。食糧難なると他の地域に行って食料を確保していた。
 その後、西の大きな湖の北部に南下して来て定住した。その途中多民族を隷属させてきた。
 3300年前には一部の者達はインディア地域に進出する。その時代から世界では不安定な時代が始まった。
 2300年間でムセ人が住む地域に度々侵略する。其の度にムセ人の混血化が進む。
 また、500年前から扇の様な大陸の東北部と東部並びに東南地域で侵略する。住民を隷属させて国の拡大や植民地を作った。其の期間に骨付き肉モモ肉の様な2つの大陸でも同様な事をして約1億人の犠牲者をつくっている。
 其の同族で非支配層は500年前に選民教に改宗した。
大戦前に、非支配層の農奴は社会主義運動の争乱によって市民権と財産を所有を許される様になった。

 亜ー離亜人の資産家は偽選民教徒達に資産運営を任しながら、自分達は労働らしい労働はしない。また、表面的には友好的に接するけれど、本音は他人種は家畜または使用人と捉えている。

 偽選民教徒は選民思想を持ち、其の教義通り多民族を奴隷と捉えている。
彼らは最初は金貸しであったが、銀行・産業界・マスメディアなどの企業の上層部の重鎮にとなっている。
 其の一族のカールは共有無産主義を創作した。

 アスカ列島には、12万年前の地層から旧石器が出土。3万年前には先端を磨かれた磨製石器が出土している。1万6千年前の縄文模様の土器が発掘されている。
7300年前に列島の南の海底火山は大爆発した時は、南の島々と東北部に住む。同時期には鳥のモモ肉の様な大陸へ移住した模様。
其の為に縄文土器を作っていた子孫アスカ人は、自然の驚異によって神の存在を畏敬しながら、自然の背後の神の存在を気づく。そして神と同様に勤勉と勤労を尊ぶ民族になったのです。
 戦争中に亜ー離亜各国は、植民地利権確保の為にアスカ国に外交や経済的な圧力を加えた。
其の為に東南地域へ進出した。その折に、インフラ整備(学校・郵便・治水工事・各産業)と教育(小学校・中学校・職業教育)を行った。
 戦後、ゴン民族は敗戦後に母国に帰国した。其の本国で上位の者に迫害され騒乱が発生する。現在のゴン民族は騒乱から逃れてアスカ国に密入国した難民である。
 大きい大陸の民族や海洋民族では、融和的な暮らしをする民族は少なくなっている。
欠点は、強引な民族や姑息な民族に利用されやすい国民性である。

 インディアのバラモン人は3300年前に、その地にやって来て原住民を支配ている亜ー離亜人の種族です。
多民族を隷属させるためにバラモン教に広めて、カースト制度でバラモン人が支配者として君臨し、他民族を差別して貧富の差は激しくなっている。
 その他のインディア人は、各宗派が乱立しているので平等と共栄と言う概念が希薄です。

 華の邦のマゴク地域は、4000年前に中原地域から多くの国が出来ては消え、出来ては消えている。その間、度々に他民族が支配者となった歴史がある。
 その動乱がある度に住民は虐殺された。多くの町の地下に虐殺された人々の亡骸うまっている。
 その後、共有無産党が国民無惨党との死闘を制止して、マゴク地区を支配下に置く。
現在は、共有無産党は約1億人足らずが12億人を支配している。
その支配者であった元主席と元配下達は行く先々で略奪と暴行を行い、知識階層や資産家の人々50万人を投獄した。
また、無謀な経済施策で山は禿げ山、粗鉄を作るが鍋や鎌しか使えず。畑は過植生をして不作が続発して餓死者3000万人が出たと言われている。
その後の共有無産革命では、知識人や富裕層並びに多民族などの被害者は約1億人に達した。死者は4000万人を出していると云われる。

 南ゴン地域では歴史的に誇るものがない。大戦中は大きな被害もなく、アスカ国から戻った者は100万人。元ゴン国大統領はゴン半島の戦争時に北の戦闘地域から敵前逃亡しながら国内でも20万人を虐殺した歴史がある。
その時に、両班以外の非支配者達はアスカ国に密航している。
ゴン民族は自助努力と多民族と助け合う考え方は少ない。意味もなく自国民族は一番でプライド高い民族。

 東南地域の国々は、500年前に亜ー離亜人が侵略するを開始しアスカ国とT国の2国のみが植民地を逃れた。
アスカ国の存在が邪魔と思い始めた亜ー離亜各国は、外交や経済的圧力を加えた。その為、アスカ国は資源を求めて東南地域に進出した。
その地域でインフラ整備を行い企業など作りながら教育を施した。
その結果、識字率も上がり、衛生面の向上で病気予防にも寄与した。
住民に武器の扱いや戦闘戦術などを伝えた。 
 大戦後、舞い戻った亜ー離亜各国は、再度植民地化を目指したが
現地の兵達に撃退された。その後は東南地域の国は続々と独立を果たした。

 鳥の骨付きモモ肉の様な2つの大陸でも、500年前に亜ー離亜人の侵略が始まり略奪や虐殺しながら資源や貴金属を本国に送っていた。
その犠牲者の総数1億人と教王に報告している。
現在は、亜ー離亜人の支配層の子孫は他民族を支配している。

この様に未熟な文明人たちがいる世界の物語として見てください。

なお、軽蔑や恐れや嘆きの気持ちが彼らにとって生き甲斐であり自己満足を満たすのです。
私たちは反対の心掛けとして、彼らは哀れな存在であり、不幸な人々であると認識する事です。


 何時もご訪問や元気玉を頂き感謝します。

心の主人公は貴方です。友と手を取り合って凛として生きよう!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
9月に入り朝夕は涼しくなって来ましたね。ブログへ自費出版の件でコメントを頂き有難うございました。

あの世の待合ホールとは面白い表現だと思います。仏教では六道輪廻で、閻魔様がどの世界へ行くか決めてくれますね。

物語の背景で、4,000年前から始まる民族の攻防と栄枯盛衰のお話を拝読しました。人種や言葉が違っても同じ人間として、この狭い地球で共に生きて行くためにも、共存共栄と平和を目指すのが理想だと思います。
華の熟年
2017/09/11 11:50
華の熟年様、こんばんは!

 華の熟年様の指摘のとおり、生前の生き方で六つの苦界に輪廻するという教えがある仏教を参考しました。

物質的な執着心がある人は、僅かな遺伝的な違いで優越感を持っている人はいますが、もしも、肉体が無く魂だけの時には どの様な情況になるか?
といった視点で書き始めています。

 確かに、異常気象や紛争がある時こそ、お互いが助け合う共存共栄の考え方は求められていると思います。
華の熟年様の様な考え方を持つ人が増えるように望んでいます。
 
ユウキ・コバ
2017/09/11 23:15
 3つの地域について記載漏れがありましたので、
コメントでおしらせいたします。」

 ムセ地域のムセ人は、2300年間でいくども亜ー離亜人に攻め込まれる中で純粋なムセ人は減少している。
先祖のように、亜ー離亜人の混血児の族長たちは古代的な習俗を守っている。
例えば女性は男性の所有物で女性を蔑視している。また、日常生活で制約が多く打て鞭打ちの刑や石打ちの処刑が残されてる。

 足跡の様なムセ大陸では、北部でも古代より亜ー離亜人の侵略に遇う。500年前には部族間紛争を利用されて敗者は亜ー離亜人に奴隷として売り出された。
 現在でも部族的社会残っているので貧富の差は大きい。自分の部族への利益誘導するから、利害対立は発生して紛争はやまない。
その状況を亜ー離亜人に利用されている現状である。
また、部族間の紛争やテロ組織による生活基盤の破壊で社会規範の低下や生活環境が悪化している。その為に乳幼児の死亡率は高く推移している。その結果、社会を維持する為に足さんが好まれる。

 蟹の甲羅のような大陸には原住民アボリ人が住んでいた。
その大陸に亜ー離亜人は邦を作り、純粋なアボリ人は減少している。

背景の補足説明は以上です。
ユウキ・コバ
2017/09/13 00:00
補足説明のコメントの中で、(足さんが)でしたが
(多産が)となります。
ユウキ・コバ
2017/09/13 00:07
追加の訂正箇所のお知らせです。

本文中の亜ー離亜人についてと足跡の様な大陸名を訂正します。

「東南地域に侵略するを開始し」を「東南地域に侵略を開始し」に訂正します。
その後に追加文は「植民地を運営管理をバラモン系のインディア人とマゴク系の商人達に任せて、その有益物資や利益を本国に送っていた。」と「その為に現地の人々から憎まれたのがバラモン系のインディア人やマゴク系の商人達であった。
つまり、巧妙な植民地支配であった。
そして、現在でもロヒン人は現地の人々憎まれて差別されている。」を追加します。

以上のように本文の中を訂正する事をお知らせします。
ユウキ・コバ
2017/09/14 16:58
コメントの補足説明では、足跡の大陸名は「ムセ大陸」から「ムハ大陸」に訂正します。

ユウキ・コバ
2017/09/14 17:03
皆様、今晩は❗
9月17日のコメントで間違っていたので訂正します。
17日のコメントは、削除します。
訂正する言葉は、偽救世教徒を偽選民教徒に変えます。
なお、亜ー離亜人には偽救世教徒、金庫番には偽選民教徒と形容詞がつきます。

このコメントはゴク国と偽選民教徒と関連の解説です。

 ゴク国は500年前に扇の様な大陸の北部中央に出来た亜ー離亜人の国でした。次第に東部地域を侵略して帝国を作った。
その同時期に西部の王国では偽選民教徒の釈迦主義思想に感化した一般市民や農奴は貴族に反抗して共和国に変わった。
偽選民教徒のカールは新たな思想を考えた。
ゴク帝国内の偽選民教徒は連携して帝国を倒してゴク共有無産主義国を建国した。当時の主要ポストに偽選民教徒が就いていた。

現在の混迷要因
 主に4つの原因から来ている。
 1つは亜ー離亜人の権力者や資産家が他人に冷徹なので引き起こしている。
 2つ目は金庫番である偽選民教徒の不正資産運用や武器拡散で各国の財政悪化と紛争を作り出している為である。
 3つ目は、その要因を無くそうとする人物や国を握り潰している為である。
 4つ目は要因から目を逸らすために対立者を立てたり、スポーツと音楽や映像などの享楽的サービスで一般人は思考力を低下している。
この為に要因を知ること無く混迷は続いている。

なんてね‼

なお、強欲な資産家や権力者は我が世の春を謳歌しても肉体を脱ぎ捨てた時には・・・・・哀れな末路迎える事でしょう。

 私たちは正直にボチボチと生きよう!
ユウキ・コバ
2017/09/21 02:22
またまた間違いの箇所がありましたので、前コメントの中で釈迦主義思想から社会主義思想に訂正します。

ユウキ・コバ
2017/09/24 10:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの世の待ち合いホールのお知らせ ユウキ・コバの雑学と十信論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる